12/02/2014

イエス·キリストは救いのために、神に、神に私たちをリードし1である。 (Japonês)

イエス·キリストは救いのために、神に、神に私たちをリードし1である。
ある日、神は世界各国からの行為を判断させていただきます。私たちはそれぞれ、良いか悪いか、私たちの行為によって判断されます。
それだけで彼の結論を持っているし、他の人にでこれを渡すために、一人一人が聖書を読み、神との個人的な経験を持つことができることが重要です。
神ではなく、イエス·キリストに私たちをもたらすかもしれない他の方法はありません。

イエスは、屈辱を出血させ、そして愛が私たちを不当な扱いを受けたために死亡した。イエスは道を示し、神の人間の愛を示すようになった。
再び私は聖書を読むことを促す、神の言葉をお読みください。それは、聖書を知るために時間がかかる、何も費用はかかりません。
誰も暴力を通して救いか平和か、精神的な自由を得るん。神は我々はまた、愛に住んでいて、私たちのまわりにある人々に、この愛をもたらすことを、彼が愛であることを我々に示した。

しない破壊や復讐天に達するが、神の言葉を読んで、人々のための彼の愛を示すと。
私たちは、複数の神々を持つことはできませんが、そこに全能の神であり、これだけ神は誰と彼の栄光を共有することはありません。彼は我々が他の神を崇拝することを受け入れるのではなく、彼だけ

永遠の救いは、イエス·キリストを通して得た。それは我々が神に私たちを和解することができ、彼の犠牲の死を介していた。イエス様は私たちのためにご自身を与えた。
そうしてすべき多くの血液の犠牲がない、イエス様は、すでに私たちのために十字架上でそこにそれを作っています。今ちょうど、神の言葉を生きる私たちが行くと神と天国に生きることができるように私たちの生活の中で聖書を適用します。

私たちはイエス·キリストを通して永遠の救いを持っている。

これらの聖書の通路をお読みください。

「 1神、神と人との間に1仲介者が存在するために、彼自身のための時間で証言するためにすべてのための身代金を与えた人キリスト·イエスは、 、 "( 1テモテ2時05分と6 )

「神は誰でも彼を信じることは滅びるが、永遠の命を持つべきではないことを、彼は彼のひとり子をお与えになったほどに、世を愛した。 」 (ヨハネ3:16 )

「彼らは永遠に賞賛される人は、嘘と礼拝のために神についての真実を交換し、神が創造主自身を崇拝し、提供するのではなく、作成されたものを提供しています。アーメン」 (ローマ人への手紙1:25 )

(エペソ人への手紙二時18 ) "それは我々はすべて、ユダヤ人と非ユダヤ人は、私たちは父の存在のために、同じ聖霊の力で行くことをキリストを通してです」

「神何のためにも非常に彼を高く上げて、彼にすべての名にまさる名を与えられ、イエスの名ですべてのひざは天と地のものの、弓と地球の下でなければならないことと、すべての舌はそれを告白かれイエス·キリストは「父なる神の栄光のために、主である(ピリピ2:09 〜11)

「非難する誰ですか?それは、神の右にあり、また、「私たちのために(ローマ人への手紙8時34分)にとりなしている人、死人の中からよみがえられた方ではなく、いや、死んだキリストで

「 (多くの、そして領主多くの神々が存在するように) 、天にも地にあるかどうか、神と呼ばれているものがありますがためではなく、私たちにすべてのものである人の1神、父があり、誰のために我々存在しており、 1の主、イエス·キリストは、人を通して私たちは「また彼によってすべてのものであり、 ( 1コリント8時05分、 6 ) 。

「イエスは、群衆を見て、彼は山を行き、彼が座っていたとき、弟子たちに来て、彼は言って、それらを教えるようになった。祝福彼らは王国であるために、精神に乏しい天の。祝福され、彼らは慰められるであろう、悲しむ人々である。祝福された彼らは地球を受け継ぐために、柔和である。祝福された義の後に誰が飢えと渇きものです:彼らは指名されています。祝福された彼らは慈悲を受けなければならないため、慈悲深いです。彼らは神を見るであろうために祝福さは、心に純粋である。祝福され、彼らは神の子と呼ばれるであろう、平和をつくり出すです。祝福された義のために迫害された人々である、のために彼らは天の国です。人々は、あなたを侮辱あなたを迫害し、誤ってあなたに対して悪のすべての種類は私のために偽って言うときに祝福している。喜びと素晴らしい天国であなたの報酬なので、喜んでいる:だから、彼らはあなたの前にいた預言者」 ( 12マタイ5:1)迫害されています。


Iesu· Kirisuto wa sukui no tame ni,-shin ni,-shin ni watashitachi o rīdo shi 1dearu. Aru Ni~Tsu,-shin wa sekaikakukoku kara no kōi o handan sa sete itadakimasu. Watashitachi wa sorezore, yoi ka warui ka, watashitachi no kōi ni yotte handan sa remasu. Sore dake de kare no ketsuron o motte irushi, hokanohito ni de kore o watasu tame ni, hitorihitori ga seisho o yomi,-shin to no kojin-tekina keiken o motsu koto ga dekiru koto ga jūyōdesu. Kamide wa naku, iesu· Kirisuto ni watashitachi o motarasu kamo shirenai ta no hōhō wa arimasen. Iesu wa, kutsujoku o shukketsu sa se, soshite ai ga watashitachi o futōna atsukai o uketa tame ni shibō shita. Iesu wa michi o shimeshi,-shin no ningen no ai o shimesu yō ni natta. Futatabi watashi wa seisho o yomu koto o unagasu,-shin no kotoba o o yomi kudasai. Sore wa, seisho o shiru tame ni jikan ga kakaru, nani mo hiyō wa kakarimasen. Dare mo bōryoku o tōshite sukui ka heiwa ka, seishin-tekina jiyū o erun. Kami wa wareware wa mata, ai ni sunde ite, watashitachi no mawari ni aru hitobito ni, kono ai o motarasu koto o, kare ga aidearu koto o wareware ni shimeshita. Shinai hakai ya fukushū ten ni tassuruga,-shin no kotoba o yonde, hitobito no tame no kare no ai o shimesu to. Watashitachiha, fukusū no kamigami o motsu koto wa dekimasenga, soko ni zen'nō no kamideari, kore dake kami wa dare to kare no eikō o kyōyū suru koto wa arimasen. Kare wa wareware ga hoka no kami o sūhai suru koto o ukeireru node wa naku, kare dake Eien no sukui wa, iesu· Kirisuto o tōshite eta. Sore wa wareware ga kami ni watashitachi o wakai suru koto ga deki, kare no gisei no shi o kaishite ita. Iesusama wa watashitachi no tame ni go jishin o ataeta. Sōshite subeki ōku no ketsueki no gisei ga nai, iesusama wa, sudeni watashitachi no tame ni jūjika-jō de soko ni sore o tsukutte imasu. Ima chōdo,-shin no kotoba o ikiru watashitachi ga iku to kami to tengoku ni ikiru koto ga dekiru yō ni watashitachi no seikatsu no naka de seisho o tekiyō shimasu. Watashitachiha iesu· Kirisuto o tōshite eien no sukui o motte iru. Korera no seisho no tsūro o o yomi kudasai. `1 Kami,-shin to hito to no ma ni 1 chūkai-sha ga sonzai suru tame ni, kare jishin no tame no jikan de shōgen suru tame ni subete no tame no minoshirokin o ataeta hito Kirisuto· iesu wa, , "(1 Temote 2-ji 05-bu to 6) `Kami wa dare demo kare o shinjiru koto wa horobiruga, eien no inochi o motsubekide wanai koto o, kare wa kare no hitori-ko o o atae ni natta hodo ni, yo o aishita. ' (Yohane 3: 16) `Karera wa eien ni shōsan sa reru hito wa, uso to reihai no tame ni kami ni tsuite no shinjitsu o kōkan shi,-shin ga sōzōnushi jishin o sūhai shi, teikyō suru node wa naku, sakusei sa reta mono o teikyō shite imasu. Āmen' (rōma hito e no tegami 1: 25) (Epeso hito e no tegami ni-ji 18)" sore wa wareware wa subete, yudayahito to hi yudayahito wa, watashitachiha chichi no sonzai no tame ni, onaji seirei no chikara de iku koto o Kirisuto o tōshitedesu' `Kami nan'notameni mo hijō ni kare o takaku agete, kare ni subete no na ni masaru na o atae rare, iesu no na de subete no hiza wa ten to ji no mono no, yumi to chikyū no motodenakereba naranai koto to, subete no shita wa sore o kokuhaku kare Iesu· Kirisuto wa `chichinarukami no eikō no tame ni, omodearu (piripi 2: 09 〜 11) `Hinan suru daredesuka? Sore wa,-shin no migi ni ari, mata,`watashitachi no tame ni (rōma hito e no tegami 8-ji 34-bu) ni torinashite iru hito, shibito no naka kara yomigaera reta katade wa naku, iya, shinda Kirisuto de ` (Ōku no, soshite ryōshu ōku no kamigami ga sonzai suru yō ni), ten ni mo ji ni aru ka dō ka,-shin to yoba rete iru mono ga arimasuga tamede wa naku, watashitachi ni subete no monodearu hito no 1 kami, chichi ga ari, darenotameni wareware Sonzai shite ori, 1 no shu, iesu· Kirisuto wa, hito o tōshite watashitachiha `mata kare ni yotte subete no monodeari, (1 korinto 8-ji 05-bu, 6). `Iesu wa, gunshū o mite, kare wa yama o iki, kare ga suwatte ita toki, deshi-tachi ni kite, kare wa i~tsu te, sorera o oshieru yō ni natta. Shukufuku karera wa ōkokudearu tame ni, seishin ni toboshī Ten no. Shukufuku sa re, karera wa nagusame rarerudearou, kanashimu hitobitodearu. Shukufuku sa reta karera wa chikyū o uketsugu tame ni, nyūwadearu. Shukufuku sa reta gi no nochi ni dare ga ue to kawaki monodesu: Karera wa shimei sa rete imasu. Shukufuku sa reta karera wa jihi o ukenakereba naranai tame, jihibukaidesu. Karera wa kami o mirudearou tame ni shukufuku-sa wa, kokoro ni junsuidearu. Shukufuku sa re, karera wa kami no ko to yoba rerudearou, heiwa o tsukuridasudesu. Shukufuku sa reta gi no tame ni hakugai sa reta hitobitodearu, no tame ni karera wa ten no kunidesu. Hitobito wa, anata o bujoku anata o hakugai shi, ayamatte anata ni taishite aku no subete no shurui wa watashi no tame ni itsuwatte iu toki ni shukufuku shite iru. Yorokobi to subarashī tengoku de anata no hōshūnanode, yorokonde iru: Dakara, karera wa anata no mae ni ita yogen-sha' (12 Matai 5: 1) Hakugai sa rete imasu.

Nenhum comentário:

Postar um comentário

Não serão aceitos comentários ofensivos.
Obrigado.
Deus te abençoe.